ホーム > BLOG > 浴室を暖かくしたい!   ~新座市野火止~

BLOG

浴室を暖かくしたい!   ~新座市野火止~

こんにちは!吉田です!


うちの娘が生まれてから4カ月になり、首もしっかり座り、日々成長していくのを見るのが楽しいのですが、ここ最近はお風呂に入れたり、寝かしつけする時に凄く泣かれてしまいます(涙) どうもパパ見知りをしているみたいです。パパ見知りも成長の証みたいなのですが、嬉しくもあり悲しくもありモヤモヤな日々を過ごしています(笑)



さて、今回は当社のお客様から「浴室が寒いから暖かくしたい!」と依頼がありましたので、すぐに見積りに伺いました。


お客様宅は浴室がかなり大きく、天井も高かったので、きっと寒かっただろうな~という第一印象を受けました。
話しを聞いてみると、浴室に石油ストーブを持っていって暖めていたそうです。


今回取り付けた機種は


リンナイ RH-61W 浴室暖房用熱源機


リンナイ RBH-414KP 浴室暖房機(プラズマクラスター付き)


です。


機能は、暖房、乾燥、冷風、換気の4つがあります!

・暖房は、浴室を暖めるのに使います。

・乾燥は、浴室を暖めつつ、換気を同時にします。雨の日など衣類を乾燥させることが出来ます。

・涼風は、エアコンみたいな冷たい風は作れませんが、夏の暑い浴室内に外の空気を入れることで涼しく感じます。簡単に言うと送風です。

・換気は、浴室内の空気を外に出します。


工事としては、エアコンみたいな室内機を壁にぶら下げるのですが、強度が少し足らなそうでしたので、しっかりビスが効くように加工し取り付けました。



熱源機は外の給湯器の近くの壁にぶら下げ、近くのガスと給水管を分岐して接続しました。



ガスの浴室暖房のシステムは、熱源機で高温のお湯を作り、熱源機から室内機に向かって配管の中をお湯が行き、その配管に風を当てることで温風を出します。冷えたお湯はまた熱源機に戻り、再び暖められて室内機に行きます。



なので、新たに暖房用のお湯の管が2本(行と戻)が必要となります。



【工事前の写真1】





【工事前の写真2】



元々ある給湯器から給水とガス管を分岐して熱源機に接続します。



【工事後の写真1】





【工事後の写真2】





熱源機の横に見える管の中にお湯の行きと戻りの管の2本が入っています。


石油ストーブや電気の浴室暖房に比べ、風量が強くすぐに暖まります。浴室のドアを開けておけば脱衣所まで暖かくなります!また臭いもありませんので快適です!

快適なのはもちろん、衣類の乾燥やヒートショック対策にもぜひご検討してみてください。プラズマクラスターも付いてるのでカビの繁殖も抑えられます!

                                        
                                         担当:吉田・関上

前の記事へ
次の記事へ

最近のエントリー
壁がもろい場所に給湯器が取り付けてある!!~埼玉県所沢市東所沢~
浴室を暖かくしたい!   ~新座市野火止~
2穴のおいだきの穴からボコッボコッ!  ~所沢市上安松~
所沢市 荒幡 給湯器交換
めずらしい給湯器の交換 ~府中市白糸台~
カテゴリ別に見る
お知らせ (1)
ホームぺージ開設のご挨拶 (1)
カテゴリを追加 (1)
ガスコンロでのご飯の炊き方 (1)
ガス切り替え工事 (2)
LPガスからLPガス (1)
石油からLPガス (2)
都市ガスからLPガス (1)
ガス器具交換・取付工事 (250)
その他 (10)
ビルトインコンロ (40)
小型湯沸器 (3)
浴室内換気扇 (2)
浴室内風呂釜 (1)
浴室風呂釜から屋外給湯器 (3)
給湯器 (179)
レンジフード交換工事 (2)
困りごと (6)
エアコン交換・取付工事 (4)
水栓工事 (2)
社員の日常 (1)
月別に見る
ブログ検索
RSSフィードを取得