ホーム > BLOG > 困りごと

BLOG

困りごとの最近のブログ記事

浴室をリフォームして暖かくしたい!!~埼玉県所沢市東狭山ヶ丘~

こんにちは!

まだまだ暑い日はたまにありますが、朝晩はだんだん寒くなってきましたね。すっかり気分も秋ですね。
これから年末にむけて寒くなっていくので、今回ご紹介する工事は浴室のリフォームです。

なぜ、寒くなってくると浴室のリフォーム工事なのかというと、昔のタイル張りの浴室や20年前のユニットバスと比べると、現在のユニットバスは暖かさが全く違うからです。

今回のお客様も、冬場の寒さが堪えるので、当社に浴室のリフォームのご相談を頂きました。
当初は給湯器の不具合での点検にお伺いしたのですが、そこでお話をお伺いするうちに
「実は・・・」
という感じで、冬場浴室内と脱衣所が寒いとか、洗濯機の排水を設置してほしいとか、いろいろとご相談を頂きました。
そして、なにより浴室のリフォームになったきっかけは補助金が国から出るというのが大きかったようです。(補助金は2017年の6月30日の工事分までで終了してしまいました)


【工事前の写真1 給湯器】

s-P2272711.jpg

【工事前の写真2 浴室内】
s-P2272714.jpg

【工事前の写真3 浴室内】
s-P2272715.jpg

【工事前の写真4 台所リモコン】
s-P2272716.jpg



今回のお客様のお宅の浴室はタイル張りの浴室でした。タイル張りの浴室は9割近くの確率で土台の部分が腐食しているんです。今回も同様に腐食していました。
また、洗濯機用に排水を新設するのに、脱衣場の床もはがしてみたところ、床を支える根太と呼ばれる補強材が通常よりも細いものでしたので、これも十分な強度の太さの物と変更いたしました。
リフォームをするとこうした見えない部分の劣化の修繕も行えるので、家のメンテナンスとしてはとても必要な事なんですね。



【工事後の写真1 給湯器】
s-P5222943.jpg

【工事後の写真2 熱源機】
s-P5222944.jpg

【工事後の写真3 浴室内】
s-P5222945.jpg

【工事後の写真4 ガス浴室暖房】
s-P5222946.jpg

【工事後の写真5 浴室リモコン】
s-P5252948.jpg

【工事後の写真6 台所リモコン】
s-P5222942.jpg

【工事後の写真7 浴室入口】

s-P5252947.jpg


浴室暖房はガスの天井埋め込みタイプのものを設置しました。やはりガスなので電気と比べると能力が全く違います。高断熱のユニットバスで、ガス浴室暖房でお客様には大変満足していただきました。


ここで、リフォームの簡単な流れをご説明したいと思います。


1、当社社員にて、現地調査&要望等をお伺いいたします。

2、専門業者も含めて再度打合せ

3、お客様ご希望の商品の御見積り&打合せ

4、御見積りの内容をもとに各メーカーショールームにて打合せ

5、最終御見積り(ここまではお金は一切かかりません)

6、商品の発注&工事日の打合せ

7、工事(ユニットバスの場合は5日~7日ほどかかります)


さすがに、全て自社施工で出来るわけではないので、当社と取引のある工事屋さんにお願いする部分はあるのですが、ガス関係や当社で出来る範囲は自社で施工致します。
是非、ご希望のある方は一度ご相談ください!!



今回設置した器具
リンナイ エコジョーズ    RUF-E2005SAW
リンナイ 熱源機       RH-61W(A)
リンナイ 天カセばすほっと RBH-C336K1P
リクシル ユニットバス アライズ BMDS-S1216LBM+HL
C7




工事担当:西村・堀江





ガス屋なのに電気工事 ~所沢市美原町~

こんにちは!
梅雨も明けますます暑さが増して体にこたえる日々だと思いますが、みなさんはいかがお過ごしですか?
この季節になると水難事後が多くなってきます。みなさんも気を付けて楽しい夏をすごしてください。


今回の工事は所沢市美原町のマンションで当社のガスを供給している物件の工事をしました。この工事はガス工事ではありません。何を行ったかといいますと

『インターフォン』


の交換をしてきました。ガス屋なのにインターフォンの交換ができるの??と思う方もいらっしゃると思います。ガス屋なのですが、社員に電気の資格をもっているものもいるのでこのような工事はお手の物です。

【工事前の写真①】
s-IMG_2069a.jpg

【工事前の写真②】
s-IMG_2070.jpg


この2枚が交換前のインターフォンとなります。

【工事後の写真①】
s-IMG_2072.jpg

【工事後の写真②】

s-IMG_2071.jpg

この二枚の写真が交換後の写真です。前のインターフォンは声だけのインターフォンでしたが今回のインターフォンはカメラ付きのインターフォンです。
カメラがついていたほうが自分の目で誰か来たのか確かめることができて、安心すると思います。

うちのインターフォンは声だけで古くなってきたという方は当社までお気軽にご相談下さい!!

工事担当 古谷野 増岡

お湯の管破損!給湯器交換!~そして排気カバー~

今回の工事は、所沢市上安松にあるお宅の据え置きタイプの給湯器交換工事です!

給湯器の後ろの壁から、水が漏れているというご連絡を最初頂きました。

(わかりにくいとは思いますが給湯器の裏側の写真です)
s-IMG_2952.jpg


現地に伺ってみると、確かに給湯器の後ろの壁の下の方から水が漏れていました。
どこが漏れているのか確認してみると、壁の中にあるお湯の管が破損していて漏れているであろう事がわかりました。(給湯器自体には特に不具合等は見当たりませんでした。)

壁の中の水道管の修理なので、当社と関係のある水道屋さんにお客様の許可を取り連絡をさせて頂きました。

(水道管工事施工前)
s-IMG_295112.jpg


(水道管工事施工後、給湯器交換工事後)
s-IMG_298812.jpg


少しわかりにくいとは思いますが、上の写真になります。
壁の中での水道管修理の場合、当社で行うことが出来ない場合がありますので水道屋さんにお願いする形になりました。

今回の場合は、お客様のご要望により外回しでの水道管の新規配管になりました。
上の水道管工事施工後の写真と同じ工事であれば、当社でも行うことが出来ます。
このブログを見て頂いている方は、その点もご参考にしていただければと思います!

話が逸れてしまいすみません・・・。

給湯器自体に問題はなかったのですが、取り付けられていた給湯器が大分年数が経っている物でしたので、お客様の方から水道管工事施工後に取り付け工事を行いました!
(給湯器交換工事前)
s-IMG_2949152.jpg


給湯器交換工事後(さきほどと写真が同じで申し訳ありません・・・)
s-IMG_298812.jpg

今回は、水道管修理後に交換を行ったため、工事は比較的スムーズに終わりました。

最後に、給湯器交換後の写真で給湯器の排気部分に付いている、金属製の箱のようなものが取り付けてあるのが、写真を見て頂ければわかるかと思います。
こちらは、給湯器の排気の向きを変える排気カバーになります。
通常ですと給湯器の排気は排気口から、まっすぐ出ます。
今回の場合は、給湯器の目の前に隣のお宅とのフェンスがあるので、排気カバーをお客様に勧めさせて頂き、取付をさせて頂きました。

排気カバーの種類としては、上方排気カバー、側方排気カバー等があります。
写真で取り付けてあるのは、側方排気カバーになります。
取付をオススメした理由としましては、隣のお宅との境界線のフェンスに、直接給湯器の排気の熱が当たってしまうと、フェンスの熱の当たる部分の劣化が早く進むからです。

今回のようなケース等もあり、こちらから給湯器交換と一緒に、排気カバー取付をお客様に相談することがございますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。


担当:桐山

ユニットバス 水栓交換 ~入間市小谷田~

こんにちは!あけましておめでとうございます!!
2017年最初のブログの更新です!!

今回はユニットバス内の水栓( サーモスタット)交換の工事を紹介いたします!
今回のお客様は、埼玉県入間市小谷田にお住いの当社のガスを使用してくれているお客様です。

工事に至った経緯は、お湯の温度が低いから見てほしいのとのご依頼を受けました。
当社の社員がお宅にお伺いし調査したところ、給湯器の不調ではなく水栓の不調だとわかり
交換をすることとなりました。

サーモスタット水栓って何?って方はこちらへ!

【交換前の写真】

s-PB262558.jpgのサムネール画像

【交換中の写真】

s-PB262559.jpgのサムネール画像

【交換後の写真1】
s-PB262561.jpgのサムネール画像のサムネール画像

【交換後の写真2】
s-PB262562.jpg

今回、取り付けた水栓は特殊な水栓でした。
そのため、取付取外しにちょっと苦労してしまいました。

またこの水栓は受注生産のため、納品までお時間がかかってしまいご不便をおかけしましたが、
シャワーもセットでの交換となりユニット内が明るく感じるようになり、
お客様にも満足していただけたようで、とてもよかったと思います。

ガス屋さんでも意外と水栓交換ができるんだと思った方もいらっしゃると思います。

ガス関係ではないことでもお気軽にご相談ください!


担当:西村

◆ 冬は給湯器に注意!? ◆

こんにちは!お久しぶりです、コーポレートスタッフの荒井です。
年末が近づき忙しい日々をお過ごしかと思います。私たちガス屋も繁忙期に入り、春先まで首が回らなくなる時期のスタートです。


そんな中お客様宅の給湯器も毎日フル稼働だと思います。そんな大活躍の給湯器ですが、冬場になると意外な落とし穴があるのです!今回はそちらについてご紹介致します。

まず第一にして最も注意していただきたいことが『給湯器の凍結』です。
「えっ、お湯を作る機械なのに凍結するの?」と驚く方もいらっしゃると思います。

普通に毎日使用していただく分には問題ないのですが、例えば長期間の出張や全くガスを使用しない場合、給湯器や管の中の水が寒さで凍結し、パンクしてしまう事があります。
そうなると一番怖いのが、修理や交換の諸費用がお客様持ちになってしまいます。しかも元に戻るまでお湯が使えません。

対策としては毎日ガスを使用していただく事が一番なのですが、お仕事などでどうしても長期間家を空けなければならない時があると思います。そのような時には当社ガスご利用のお客様に対してはご連絡を頂ければ給湯器の水を抜き、ガスメーターを一時停止して凍結しないようにする処置を行わせていただいております。
これならパンクの心配もないので安心して外出いただけます!また、ガス使用を再開したいという際は数日前に当社へご連絡いただければ、ガスメーターの作動を復帰させていただきます。

電話一本で多額の費用を支払う心配がなくなるので、「長期外出があって心配だな...」というお客様はぜひ一度ご連絡をいただければと思います。


二つめは『ガスメーター自身による遮断』です。
こちらはお客様自身で復帰できますので、落ち着いて行っていただければ大丈夫です!

原因として一番多いのが、冬場で突然ガス使用量が増えた為に遮断した、というものです。
昨今のガスメーターはとても高機能で、お客様の日々の使用量を学習するので、冬場に突然使用量が増えたりするとメーターが『異常にガスが出てるぞ!危険だ!』と判断して遮断することがあります。年末年始、ご家族が一同に集まる機会が増える分、メーター遮断の可能性も増えるという訳です。

メーター復帰の方法はこちらをご覧ください♪
↓ ↓ ↓
遮断したガスメーターの復帰の仕方
大抵の遮断はこの方法で復帰しますが、ガスメーターの液晶表示が『B C ガス止P』の時は早急に当社へご連絡ください!!!




今年も土方プロパンをご愛顧いただき誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。誠に勝手ながら30日午後~4日まで年末年始休業をいただきますが、上記のような緊急の場合はご連絡ください。
寒い日が続きますのでお体を大切にしてくださいね。
良いお年を...♪



ガス給湯器から、お湯が出ない!

さっきまで使えていたはずなのに、急にお湯が出なくなった。
これって給湯器の故障?


というお問い合わせをいただくことがあります。
給湯器の故障の可能性もありますが、まずは以下をチェックしてみてください。

 

①給湯器以外のガス器具(ガスコンロなど)は使えますか?

他のガス器具は使える場合→②も確認してみてください。

他のガス器具も使えない場合→③も確認してみてください。

 

 ②給湯器の電源は入っていますか?

コンセントが入っていなかった

コンセントを差し込んで下さい。
それでもだめなら、給湯器製造メーカーに相談してみてください。

 

コンセントは入っている

一度コンセントを抜いて再度差し込んでみてください。
それでもだめなら、給湯器製造メーカーに相談してみてください。

 

 ③ガスメーターの表示はどうなっていますか?

●メーター表示例その1

s02.jpg
または
s01.jpg

という表示

 ↓

 ガスメーターの黒いボタンを長押ししてください。

s03.jpg

メーターが安全確認を開始します。3分くらいすると使えるようになります。

※安全確認終了を待たずにガス器具を使用してしまうと、メーターがガス漏れと判断し、開きません。ご注意ください。

 

●メーター表示例その2

h04.jpg
または
h05.jpg
という表示

 ↓

 ガスメーターのキャップをはずして

h01.jpg

赤い芯が見えなくなるまで、下の図のように押し込んでください。

h02.jpg


画面の点滅が始まったら、メーターが安全確認を開始します。3分くらいすると使えるようになります。

※安全確認終了を待たずにガス器具を使用してしまうと、メーターがガス漏れと判断し、開きません。ご注意ください。

最後に、キャップを忘れずに取り付けてください。

h03.jpg

 

 

 上記メーター表示以外の場合は、お家のガス供給会社に相談してください。

 

 上記メーター表示の場合、考えられる原因:

●長時間続けてガスを消費した(とろ火で煮込んだり、シャワーを出しっぱなしにしたり)

●急に大きなカロリーを消費した(数日旅行に行っていたり等の理由でガスの使用がなかったあとに使った)

上記原因の為、メーターが安全確保のために遮断した、という理由が考えられます。

 

長時間使用の場合は、とろ火で煮込んでいる場合とシャワーを出しっぱなしにしている場合で、メーター遮断までの時間が異なります。

とろ火だったら、2時間ぐらい

シャワーなら、20~40分ぐらい

ガスをいっぱい使う場合のほうが早く止まるようになっています。
これは、メーターが「消し忘れ」と判断して事故になる前にガスを止める機能が付いているからです。
ガスをいっぱい消費するということは、万が一消し忘れた場合、短時間でいっぱいのガスが出てしまい、危ないからです。

 

急にたくさんのガスを使った場合

最近のメーターは学習機能が付いていますので、お客様のガス使用パターン(数日分)を覚えて、いつもと違う動きをすると自動で遮断する機能があります。
そのため、お正月などで、お客さんがいっぱい来たときなどは遮断してしまうお宅もあるみたいですね。


こういった場合、上記メーター表示になっていれば、故障ではないので安心してください^^


それでも心配な方は、お家のガス供給会社に相談して、点検してもらってくださいね。

ガスは安全快適に使いましょう♪

最近のエントリー
浴室をリフォームして暖かくしたい!!~埼玉県所沢市東狭山ヶ丘~
ガス屋なのに電気工事 ~所沢市美原町~
お湯の管破損!給湯器交換!~そして排気カバー~
ユニットバス 水栓交換 ~入間市小谷田~
◆ 冬は給湯器に注意!? ◆
カテゴリ別に見る
お知らせ (1)
ホームぺージ開設のご挨拶 (1)
カテゴリを追加 (1)
ガスコンロでのご飯の炊き方 (1)
ガス切り替え工事 (2)
LPガスからLPガス (1)
石油からLPガス (1)
都市ガスからLPガス (1)
ガス器具交換・取付工事 (245)
その他 (9)
ビルトインコンロ (40)
小型湯沸器 (2)
浴室内換気扇 (2)
浴室内風呂釜 (1)
浴室風呂釜から屋外給湯器 (3)
給湯器 (172)
レンジフード交換工事 (2)
困りごと (6)
エアコン交換・取付工事 (3)
水栓工事 (1)
社員の日常 (1)
月別に見る
ブログ検索
RSSフィードを取得