ホーム > BLOG > 石油からLPガス

BLOG

石油からLPガスの最近のブログ記事

石油からガスへ  ~所沢市上安松~

こんにちは、吉田です!



久々に地震で目が覚め、改めて注意をしないといけないなと思ったこの頃です! 今回は、石油の給湯器からガス給湯器の交換工事をしました。

交換前は給湯+高温差し湯という機能でした。

取り付けた機種は、ノーリツ GQ-2437WS
台所リモコンは、 RC-7607M
浴室リモコンは、 RC-7607S

です


ちなみに、高温差し湯とは、熱めのお湯を足すことで温め直します。お湯を足す方式なので、温め直すたびに浴槽のお湯が増えるというデメリットがあります。現在は見かけることはだいぶ減りました。実際に石油給湯器で高温差し湯が出来る機種はどのメーカーも販売していないみたいです。

今回は石油の給湯器の調子が悪いという事でお伺いしました。お客様は、次も石油の器具で考えている感じでしたので、給湯のみの石油給湯器と、追いだき機能付きの石油給湯器のどちらが良いか聞いたところ、追いだき機能はいらないとのこと。
念の為、ガス給湯機の見積もりも出させて頂いたところガス給湯器の方が安いのでガス給湯器に交換することになりました。 石油の給湯器具は需要が減ってきましたのでどうしてもガスの給湯器より値段が高くなってしまいます。
追いだき機能はいらないが、浴槽にはお湯をはるとのことなので、リモコンをオートストップ機能付きをおすすめしました。

簡単に言うと、湯量の設定をしておくと、蛇口から出していたお湯が設定湯量分出た時点で止まるようになっています。なので、止め忘れて溢れさせてしまう心配がありません!

※ガス給湯器のメリット

音が静か ・ニオイが少ない ・燃料を自分で足す必要がない ・イニシャルコストが低い可能性が高い

※ガス給湯器のデメリット

・ランニングコストは石油の方が安い可能性が高い ・プロパンの場合、ガスボンベが必要となる ・今回のお客様は、もともと当社のガスを使用していましたので、ボ ンベを置くこと は全く問題ありませんでした。



[交換前の写真]

[交換後の写真] 給水、給湯配管の位置が変わりましたので、地面を掘って配管をやり直しました。また、ガス配管も埋設して配管したので、

石油タンクと中途半端な位置にあった石油給湯器が無くなったので、スペースに余裕が生まれました!お客様は早速そのスペースを有効活用されてました!!


                           担当:吉田 西村 桐山

石油給湯器からLPガス給湯器に交換 ~埼玉県入間郡毛呂山町前久保南~

今回の工事は、入間郡毛呂山町前久保南の当社のお客様の給湯器を交換しました。

しかし、今回はただの給湯器の交換ではなく、石油の追い焚き機能付き給湯器からガスの追い焚き機能付き給湯器の交換です。


取り付けた機種は、リンナイ RUF-A2003SAG(据え置き型タイプ)です。


以前からたまに石油給湯器のリモコンの電源が入らないのでお湯が出ない時があったそうですが、12月に入り水もとても冷たくなり(54年ぶりの11月の初雪の影響??)、いつお風呂に入れなくなるのかわからないのも辛いとのことで、お客様から交換のご依頼をいただきました。



工事施工前の写真

s-DSCN0560.jpg


また、お客様から「給湯器を石油からガスにしたいです」との要望があり、新しく給湯器用のガスの配管もしました。しかし言葉では簡単そうに書いていますが、ガスを配管をするのに一苦労ありました。


お客様のお宅は増築している為、ボンベと石油給湯器の間に増築した建物が建ってしまいお互いの位置が真反対になっていました。では、どちらかを移動させれば良いのでは!?と思うかもしれませんが、給湯器は配管の関係上移動できず、ボンベも設置位置の関係上移動は厳しい状況でした。


そこで室内を調べてみると床下収納から床下に入れることが判明!また建物の基礎部分には通気口があるので2人で外と床下から声を掛けあい、なんとか無事に反対側にガス管を通すことができました。


今回使用したガス管は錆びにくく、手で曲げることもできるステンレス製のフレキ管というガス管で配管しました。ステンレス製で錆びにくい管ではありますが、やはりできる限り露出での配管を少なくすることで天候の影響も最小限で済みますし、万が一踏んでしまったりぶつけてしまったりしてガス管を潰してしまった!ということも最小限なので安心です。



床下ガス配管の写真

s-PC123438.jpg


ガス管さえ通ってしまえばこっちのものです!石油給湯器からガス給湯器に交換するのは燃料が違えどいつも通りしっかり交換作業するだけです!とは言ったものの、なかなか一筋縄ではいかない方が多かったりします(笑)


さて、石油給湯器からガス給湯器に変更した場合の良い点ですが、

①石油タンクに給油する必要がない
②燃焼時、においが少ない
③燃焼時、音が静か
④石油タンクが要らなくなる為、スペースを有効活用できる


特に、②~④は密集した住宅街ではメリット高いです!

ランニングコストを考えると石油が高くなったとはいえ石油給湯器もまだ需要があるとおもいますが、やはりこの点からふまえるとガス給湯器の方が有利かなと個人的にはおもいます。



工事施工後の写真

s-PC123437.jpg


無事に交換作業も終了です。お客様は「給油のことも考えなくてもいいし、石油タンクが無くなりすっきりしてよかった」と喜ばれていました。

当社はガス給湯器だけでなく、石油給湯器も販売・取付工事もしていますので、器具の調子がおかしいなと感じましたらお気軽にご相談下さい。


担当:吉田 西村








最近のエントリー
石油からガスへ  ~所沢市上安松~
石油給湯器からLPガス給湯器に交換 ~埼玉県入間郡毛呂山町前久保南~
カテゴリ別に見る
お知らせ (1)
ホームぺージ開設のご挨拶 (1)
カテゴリを追加 (1)
ガスコンロでのご飯の炊き方 (1)
ガス切り替え工事 (2)
LPガスからLPガス (1)
石油からLPガス (2)
都市ガスからLPガス (1)
ガス器具交換・取付工事 (247)
その他 (9)
ビルトインコンロ (40)
小型湯沸器 (3)
浴室内換気扇 (2)
浴室内風呂釜 (1)
浴室風呂釜から屋外給湯器 (3)
給湯器 (175)
レンジフード交換工事 (2)
困りごと (6)
エアコン交換・取付工事 (4)
水栓工事 (1)
社員の日常 (1)
月別に見る
ブログ検索
RSSフィードを取得