ホーム > BLOG > ビルトインコンロ

BLOG

ビルトインコンロの最近のブログ記事

ビルトインコンロの交換 ~所沢市松郷~

こんにちは!!3月ももうすぐ終わり4月になりますね!気温も暖かくなってきて桜も咲いてきました(^^)
もう春なんだなーと感じる今日この頃です。

さて今回の記事はビルトインコンロの交換です。当社とお取引のある不動産会社さんかのご紹介で交換してきました。
当社のガスを供給しているお客様ではないですが、不調ということなのでお伺いし経年劣化によるものだったため交換ということとなりました。

交換前の写真を撮り忘れました(+_+)すみません。
取り付けしてあった機種はNAISというメーカーでした。初めてみた機種で最初はびっくりしましたが寸法などを計ったら一般的なビルトインコンロと同じだったため安心しました。

【取付後の写真】
s-KIMG0095.jpg
今回のお客様のご要望としましては、シンプルで使いやすいとのことでしたのでこの機種の取り付けることになりました。

ガスの接続口が右から左になったところが少々苦労したところです。
お客様も使いやすくなったと喜んで頂けてとてもうれしく思いました(*^_^*)


担当 古谷野

リフォームのご依頼!~所沢市北秋津~

こんにちは村田です!!

日頃 新築やリフォームでお世話になっている工務店様より
北秋津にありますマンションのリフォームをするという事で
弊社にビルトインコンロの交換のお仕事を頂きました。

自社で供給させて頂いている物件ではございませんでしたが
お手伝いさせて頂くことになりました。

以前 使用されていたビルトインコンロは丁寧に使用されていらした様で
かなりの年数が経っていましたので、温度を管理するセンサーが
付いていないタイプでした。

〈施工前 写真〉

s-DSCN1289.jpg

そして、新たに取付させて頂いたビルトインコンロは3口全てに
安全装置が取り付けられています。
さらにゴトクが一カ所ずつに分かれた為、
天板のお手入れが容易になりました。


〈施工後 写真〉

s-DSCN1360.jpg
安全装置(Siセンサー)が付いていれば
お鍋の温度を管理してコンロ火災の原因を減らしてくれます。

もし、こういったセンサーが付いていないコンロをご使用のご家庭がございましたら
是非 ご相談下さい!

お使いのコンロは安全装置付きですか!?

こんにちは!

土方プロパンの村田です。

今月の工事を担当した物件をご紹介いたします。

 

今月ご紹介させていただくのはガスコンロです!

所沢市内にあります都市ガスのマンションでしたが、当社に交換の依頼を頂きました。

 

 

〈交換前のコンロ〉

 

s-DSCN0862.jpg

 

このように見た目はとてもキレイなビルトインコンロでしたが

二十年以上使われていたと聞いてビックリしてしまいました。

パッと見ではまだまだ使えそうに見えましたが、安全装置もなく所々劣化していましたので、修理ではなく新しいものに交換をする事となりました。

 

 

〈交換後のコンロ〉

 

s-DSCN0872.jpg

 

上の写真が交換後のコンロです。

変わったのは色だけでなく、温度を感知するSiセンサーという安全装置付きの

ビルトインコンロになりました。

そして、こちらのコンロの凄い所は左右のバーナーが高火力であり、

『五徳』と『バーナー』を左右で入れ替えながらお使い頂けるところです!!!

各ご家庭のコンロでは二口以上バーナーがある場合、バランス良く左右を使い続ける事は

なかなか難しく、どちらかに偏ってしまう事が多いと思います。

ですが、そうしますと多用する側がどうしても劣化が早く、交換のタイミングを早めてしまうかもしれません。

 

「なら、ウチのコンロも左右のバーナーを入れ替えれば良いじゃないか!」

と、お考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが!

お使いのコンロによってはそれが出来ないタイプのモノもございますので

気になった方は是非 当社までお問い合わせください!!

ダッチオーブンが使いたい!!~埼玉県飯能市笠縫~

こんにちは!

GW真っ只中いかがお過ごしですか?
この時期は天気も良く気持ちよい気温なので、川にバーベキューに行かれる方も多いんですかね?
バーベキューと言えば、簡単にお肉を焼いたりが定番かと思いますが、本格的になるとダッチオーブンを使用したりする方もいますよね。
ダッチオーブンはアウトドアで外でやるのが一般的なイメージですが、実は最近のグレードの高いビルトインコンロにはその機能が付いているんです!!

今回のお客様は、まさにそのグレードの高いコンロで「ダッチオーブンを使用したい!!」というお客様でした。


【交換前のコンロの写真】
s-P1102647.jpg


交換前のコンロは、10年前では一般的だった標準のビルトインコンロでした。
交換前の御見積りの時に、お客様のお話をお聞きすると、「お友達がグレードの高いコンロに交換して、使い勝手もよ良くお掃除も簡単で、なによりダッチオーブンで作る料理がおいしい!!」とのことで、お客様自身も新しいコンロに交換を考え始めたようです。

確かに昔のコンロではそういった機能は付いていないので、最新のコンロは魅力的ですね。


【交換後のコンロの写真】

s-P2062694.jpg


交換前のコンロと見比べて頂けると、コンロのデザインから違うのが一目瞭然だと思います。
ですが、実は一番グレードが高い商品ではないんです。
一番グレードの高いコンロですと五徳(ごとく)という鍋を支える部分がステンレスなんですが、ステンレスは熱で変色を必ずしてしまうので、変色の少ないホーロー素材の五徳である少しだけグレードの低い商品をあえてお客様にオススメしました!!
ステンレスは最初はきれいで良いんですが、長年使用するものなので当社の社員がお客様目線になってそのような提案をしたようです。
また、通常はダッチオーブンかココットと呼ばれるリンナイで作っている薄いダッチオーブンどちらかのお客様が多いんですが、ダッチオーブンとココットでは作れるメニューが違うので、今回のお客様は両方購入していただきました。


今回のお客様は当社の社員のお知り合いだったので、当社のガスのお客様ではないんですが、他社のガス(都市ガス・LPガス)を使用されているお客様も大歓迎ですので、お気軽にご相談下さい!!

今回取り付けた機種
・リンナイ ビルトインコンロ デリシア RHS72W22E6RC-STW
・リンナイ ココットダッチオーブン RBO-D2V-1


工事担当者:西村、堀江




ビルトインコンロ取付ミス!!   ~青梅市河辺町~

こんにちは!吉田です!


今回は、当社のお客様ではないのですが、ビルトインコンロを購入してから1年以内で壊れてしまった(!)から交換したいと依頼がありましたので伺いました。
ビルトインコンロの取り付けでは、特殊なパターンです!


取付機種 リンナイ ビルトインコンロ RS31M4H2R-BW
        リンナイ 下部フィラー RBO-57-3B
       TOTO 専用アダプター KNZ40




1度メーカーに見てもらったみたいなので話を聞いてみると、ネズミがコンロの中の配線を食いちぎったとのことです。しかも何か所もちぎられているので修理費が高額になってしまうとのこと。ネズミが原因だと保証もききません。



でも普通に考えるとネズミはコンロ内になかなか入らないものなのですが、今回は他社の施工方法に問題がありました!



キッチンはTOTO製で、ビルトインコンロはスタンダードな商品が付いていましたが...。


しかし!ここに問題がありです!



コンロの取り付け部分が5センチほど低くなっているのです。その低くなっている部分にそのままコンロを取り付けてしまったので5センチ隙間ができてしまい、ネズミがコンロ内に侵入してしまったことと思われます。


【施工前の写真】



キッチンの天板より低い位置にコンロが取り付けてあります。



【施工前の隙間の写真】



この隙間からネズミが入った可能性が高いです。

これは一時期流行ったらしいのですが、TOTO製のフラットコンロ専用のキッチンとのこと。
でも、TOTOさんもちゃんと普通のビルトインコンロが取り付けられるように、専用の取り付けアダプターを販売しています。


【取り外した写真】



5センチほど窪んでいるのがわかります。



【専用アダプターの写真】





専用の取り付けアダプターを設置することで、いつも通りのビルトインコンロの設置ができました。
ただ、もともと5センチ低い位置に取り付けられていたのが、通常通り設置することで相対的に5センチ高くなることになるのでコンロの下に5センチの隙間ができてしまいます。なので、フィラーという専用の目隠し板を入れます。


【施工後の写真1】




【施工後の写真2】



コンロの下の隙間も無くなり完成です!




お客様も「これで安心して使えるからよかった!」嬉しそうにしていたので、こちらも嬉しかったです!



担当:吉田

お客様手持ちの給湯器・ビルトインコンロの交換~東京都東久留米市下里~

こんにちは!

今回はお客様が用意した給湯器とビルトインコンロの交換工事を紹介します。
当社ガスを使用してくださっているお客様で、工務店なのでご自身でガス器具を取り寄せしたとのことです。

【交換前の給湯器の写真】

s-P3292770.jpg

【交換前の台所リモコンの写真】
s-P3302773.jpg

【交換前の浴室リモコンの写真】
s-P3302774.jpg

【交換前のビルトインコンロの写真】
s-P3302771.jpg


以前は、リンナイの給湯器とビルトインコンロでしたが、今回お客様が用意したガス器具はノーリツの給湯器とビルトインコンロでした。
ガス器具のメーカーが違ったりすると配管部材などの変更が必要な場合が多いのですが、今回は給湯器、ビルトインコンロの両方共、比較的やりやすい工事でしたので、新しく配管部材を使わずに午前中で工事は完了しました。


【交換後の給湯器の写真】
s-P3302778.jpg

【交換後の台所リモコンの写真】
s-P3302777.jpg

【交換後の浴室リモコンの写真】

s-P3302775.jpg

【交換後のビルトインコンロの写真】
s-P3302776.jpg


今回のように、お客様自身がガス器具をお持ちになっている場合での取付工事も当社では格安で行っています!!最近ではインターネットでも購入することができたりするみたいなので、ご相談お待ちしております!!
ただし、取付するにあたってサイズが合う合わないや、ガス種の注意がございますので、その点はお気を付け下さい。


今回取付した器具
・ノーリツ ガスふろ給湯器 GT-2050SAWX-2
・ノーリツ ビルトインコンロ N3SO4PWASMSTEC


工事担当者:西村、古谷野




奥様へのプレゼント!

最近は暖かくなったり寒くなったりと寒暖の激しい日が続いておりますが

皆さま体調など崩されておりませんでしょうか?

まだまだうがい手洗いを心掛け、風邪などに気を付けて参りましょう。

 

そして毎度、閲覧いただきまして誠にありがとうございます。

今回は村田が担当致しましたお客様のご紹介です。

 

今回のお客様である東久留米市内在住I様は、台所用コンロの火の付きが悪いということでお伺いさせて頂きました。

 

バーナーが二ヶ所とグリル付のタイプのモノでしたが、片方のバーナーがなかなか点火しない状態になっていました。お調べしてみると15年ほどお使い頂いていたコンロでしたが、

まだ完全にお使い頂けない状態ではございませんでした。I様は数年前から奥様にキレイなガラス天板付きのビルトインコンロを使わせてあげたいという思いがあり、これを機に奥様孝行しようと交換を決断されました。

s-DSCN0680.jpg

通常であれば交換のご依頼を頂きますと、ご使用されていたモノと同等のサイズのモノであれば交換は可能ですが、I様宅のコンロは下の収納部分と一体式のコンロでした。

同じタイプのモノに交換自体できますが、同じ商品ではガラス天板仕様はございません。


しかし!I様のご希望はガラス天板のコンロという事でしたので、ご提案させて頂いたのが収納(キャビネット)を変えてしまいましょうというものでした!

収納と一体式のコンロを撤去後、空いたスペースにぴったり合う専用キャビネットを納めてからビルトインコンロを設置する工事です。

s-DSCN0692.jpgs-DSCN0694.jpgs-DSCN0697.jpg


入念に寸法やガス配管の位置を確認しながら工事を行わせて頂きました。

施工後、奥様に感謝されているI様を見て私もとてもうれしく思いました。

皆さまもいつも美味しいお料理を作ってくださる方の為に、日頃の感謝の気持ちを込めてコンロの交換はいかがでしょうか?

コンロの天板が割れてしまった!!~東京都清瀬市元町~

こんにちは!!
本日は立春ですね。陽気も春らしい陽気でしたね。

そろそろ花粉が飛ぶ季節になりました。
お部屋の空気をきれいに保つのが必要になりますね。


今回のブログは、そんなお掃除をする季節にありがちなことを紹介いたします。
紹介する工事例は、「お掃除をしていたらコンロの天板に物を落としてしまいガラス部分が割れてしまった」というものです。


このお客様は、大掃除の時期にレンジフード周りをお掃除していたら物を落としてしまったようです。


【交換前のコンロの写真】




見事に割れてしまっていますね・・・。
使用上は特に問題はなかったのですが、せっかくのガラス天板でお掃除もしやすいコンロなのに、毎日これを見てお料理するのでは気分が下がりますよね・・・。

でも、ご安心ください!!



コンロを全部交換しなくても、天板部分のみの交換も可能なんです!!
もちろん、部材代として金額はかかってしまいますが、コンロ本体を交換するよりはリーズナブルに交換できます。


【交換後のコンロの写真】

s-PC082583.jpg


天板を交換するだけで新品のコンロみたいに見えますね!!
今回のお客様は、物を落として割れてしまったとのことでしたが、誤って乗ってしまって割ってしまうお客様や、焦げ付きさせてしまって天板を交換するお客様もいらっしゃいます。

もし、同じような症状でお悩みの方は、是非当社までご相談ください!!


工事担当者:西村






ビルトインコンロの交換~所沢市下安松~

こんにちは。自分にも後輩が出来て嬉しいコーポレートスタッフの荒井です。ブログを書く事によってガス器具の勉強にもなるなぁと感じる社会人2年目の春です。



2月28日に所沢市下安松にお住まいの当社のガスを使用していただいてるお客様宅のビルトインコンロを交換した事例をご紹介します。


こちらのお客様は長い期間ガスの供給を休止されていた方だったのですが、ガス供給再開のご要望があったのでガス開栓と共に安全点検を行ったところ、ビルトインコンロの火が点かないことがわかりました。




【交換前のビルトインコンロ】
s-P2220580.jpg



火が点かなかったのは、長い期間使用が無かった事と点火するのに必要な火花を発生させるスパーク部分とバーナー部分が経年劣化していた事が原因だと考えられます。
また、こちらのビルトインコンロは10年以上使用しており、メーカー修理をすることも難しかったのでお客様と相談の上交換することになりました。


都合の良いことにお客様宅でコンロの不調がわかったのでその場で現状調査を行うことが出来ました。



現状調査を経て、さぁどのコンロに交換しようかという時にお客様がご希望されたのがリンナイ製ビルトインコンロMytone-マイトーン-です。

このビルトインコンロは使いやすい機能を備えているのに加え、お求めやすい価格、豊富なカラーバリエーションが大きな特徴です。



お客様は時期的に春が近いということでこの中の サクラ色 をご購入されました。


【交換後のビルトインコンロ】
s-P2280607.jpg


薄くまろやかなピンクでキッチンがかわいらしく華やかになりました!
キッチンに立つことが多い奥様にも喜んでいただけました。



自分の好みにあった色でキッチンの雰囲気を変えられるのもMytoneの強みです。



ただ、こちらのお宅はコンロ奥に昔の魚焼きグリルの排気口が残ってしまっているので、その分交換後のビルトインコンロの操作パネル部分が少々前にせり出してしまいました。(〇内参照)
使用する分には支障は無いのですが、気になさるお客様もいらっしゃいます。今回のお客様は大らかな方で気にしないと仰ってくださったので良かったです。




このようにガスの安全点検時に器具の不調が判明するといったこともありますので、安全かつ快適な生活を送る為にも4年に1度行っておりますガスの保安点検にはぜひご協力いただければと思います。



また、Mytoneのようにガス器具もお客様のニーズに柔軟に対応できるようどんどん変わってきています。お悩みがある方、器具を変えて気分も変えたい方などなど...些細なことでもご相談いただければできる限りご協力させていただきます!



お気軽にお問い合わせください♪






担当:西村

ビルトインコンロとレンジフードの交換~埼玉県さいたま市北区日進町~

2012年7月9日に埼玉県さいたま市北区日進町にお住まいのお客様の、ビルトインコンロ
とレンジフードを交換してきた工事を紹介します。



今回のお客様は、「ビルトインコンロが調子が悪くなってきてしまったので点検してほしい」
と当社にご相談を頂きました。
当社の社員が点検に行くと、15年近く使用しているコンロでバーナーヘッドがボロボロに傷
んしまっていて、他の場所も傷んでいる状態でしたので、新しく交換することをオススメしま
した。



【交換前のビルトインコンロ】
s-IMG_1099i (4).jpg




お客様とコンロを交換するにあたり、色々とお話をさせていただいたところ、コンロと一緒に
レンジフードも古くなってきたので交換出来ないか相談されました。

みなさん、レンジフードを交換することが出来るのはご存知ですか?

最近のレンジフードはお手入れが非常に簡単になっているものがたくさん出ているんです。
油汚れがすぐに落ちてしまう素材とか、フィルターが無しのタイプとか・・・ほんと色々あるん
です。



【交換前のレンジフードの写真】
s-IMG_1099i (2).jpg




お客様と色々とご相談した結果、今回はコンロとレンジフードを交換することになりました。
まずは、コンロの交換工事から紹介します。


コンロは、以前は汚れの落ちにくいホーロー素材の天板で、凹凸もあったので非常に掃除
がしにくかったのですが、今回新しく取り付けしたコンロは、天板がガラス素材のもので平
らなので、非常にお掃除がしやすいものになっています。



【交換完了したビルトインコンロの写真】
s-IMG_1099i (8).jpg




次にレンジフードの交換工事を紹介します。


レンジフードには、大きく分けてプロペラファンタイプ、ターボファンタイプ、シロッコファンタイプ
の3種類があります。
今回のお客様は、ターボファンタイプでした。このタイプが一般家庭に取付してあるのは非常
に珍しいです。
基本的にはどのタイプも交換は可能なんですが、今回のお客様は以前と同じくターボファンタ
イプ以外のレンジフードに交換となると非常に大変になってしまうので、同じくターボファンタイ
プにしました。



【レンジフードを取り外した写真】
s-IMG_1099i (5).jpg




古いレンジフードを取り外して、また同じ排気口を利用して新しいレンジフードを取り付けます。
意外とレンジフードって重いので、2人で取り付けないと大変なんです。



【新しいレンジフードを取り付けた写真】
s-IMG_1099i (6).jpg




今回のお客様のようにレンジフードのすぐ下に窓があったりすると、違うタイプのものに交換
するのが難しい時もあります。なかなか知識がないと難しいところもあります。
当社ではレンジフードの交換も扱っているので、もし交換したいお客様は一度当社までご相
談お待ちしています。
当社の専門知識を持った社員が調査にお伺いします!!




工事担当者:吉田、村田






最近のエントリー
ビルトインコンロの交換 ~所沢市松郷~
リフォームのご依頼!~所沢市北秋津~
お使いのコンロは安全装置付きですか!?
ダッチオーブンが使いたい!!~埼玉県飯能市笠縫~
ビルトインコンロ取付ミス!!   ~青梅市河辺町~
カテゴリ別に見る
お知らせ (2)
ホームぺージ開設のご挨拶 (1)
カテゴリを追加 (1)
ガスコンロでのご飯の炊き方 (1)
ガス切り替え工事 (2)
LPガスからLPガス (1)
石油からLPガス (2)
都市ガスからLPガス (1)
ガス器具交換・取付工事 (253)
その他 (11)
ビルトインコンロ (42)
小型湯沸器 (3)
浴室内換気扇 (2)
浴室内風呂釜 (1)
浴室風呂釜から屋外給湯器 (4)
給湯器 (182)
レンジフード交換工事 (3)
困りごと (7)
エアコン交換・取付工事 (4)
水回りの凍結 (1)
水栓工事 (2)
社員の日常 (1)
月別に見る
ブログ検索
RSSフィードを取得